1ヶ月半で簡単にできる認知行動療法で性格改善

side-btn side-btn
side-btn side-btn

1ヶ月半で簡単にできる認知行動療法で性格改善

数回で考え方を変えて人生を変えるワイズ式の認知行動療法

現行の理論では半年以上かかる中、大阪ワイズカウンセリング(梅田・難波)の性格改善では1ヶ月半〜2ヶ月、平均2.4回で終了しています!

幼少期のトラウマなど大きな傷を抱える方でも3回で終了しました。商材販売などで追加料金も頂いていません。

こういう経験はありませんか?

「あ、笑ってる、自分が可愛くないから(かっこよくないから)笑ってるんだ・・・」(体重は正常なのに)
「自分は太っている、だからご飯を食べてはいけない」

考え方を変えることでこうしたことでも解決することができます。
他人は何も思っていないのに、考え方(捉え方)のせいで恐怖心が芽生えてしまっています。
1日でも早く改善できれば、その分引きずらずに済んだのにと今でも思いますし、今苦しんでいることは少しでも早く改善、解決ができるに越したことはありません。

「事柄や体験をどのように捉えるか?」というのを『認知』と言います。
今までの考え方は過去の歴史で習慣になっているもので、それを置き換えることで正しい捉え方(一般の人と同じ捉え方)を習慣にすることで性格改善することができます。

理論通りの難しい方法を採用しているルームが多い中で、ワイズの独自の方法では性格の悩みの中でも改善の難易度や緊急性で優先順位を付け、改善を実感しやすいように継続意欲を高めていくことができます。

書籍でも認知行動療法の本はありますが、そもそも何が正しいかの判断ができない悩みなので質疑応答ができるカウンセリング方式でないと改善は難しいです。
ワイズ式では誇張表現ではなく、実際に平均的には2.4回程度でネガティブ思考が改善されています。
拒食症(過食症)、人、モノなどへの恐怖症にも有効です。
さらに、脳の使い方や時間の使い方も変わるため、ビジネススキルアップにも繋がります。

ワイズで簡単に性格・考え方改善できる理由

脳が逃げやその自分を下に見ることで諦めることを楽だと誤解しています。
脳は当然「得したい」、「楽したい」と思って本来考えています。
しかし、その逃げが結果として損を生んでも今までの考え方や行動を変えるのを恐怖と感じて変えることができずいます。

それを今の考えが損という認識を脳にしてもらうことがスタートで、得するにはどうするといいのかを考えて、それを行動や言動に変え、
・実行したときの周りの反応を知り、気にしすぎていたこと
・自分の気持が楽になっていること
気づきを得ます。
それを脳が前よりも得・楽と考えればすぐにその方向にどんどん進みたくなり、自動的に改善されます。
「誰も損をしたくない、むしろ得をしたい」と考えているからこそ簡単に改善できます。

相談者の方の考え方の例

例えば

今日も上手く話せなかったらどうしよう(予期不安)
周りの目が気になる(行動)
ドキドキしている(情緒・身体の変化)
皆、変な表情をしている(歪んだ認知)
きっと話が面白くないに違いない(歪んだ認知)
自分は何をやってもダメな人間だ(破局的解釈)

今回の例の場合は以下が歪んだ認知(考え方)です。
「皆、変な表情をしている」
「きっと話が面白くないに違いない」
「自分は何をやってもダメな人間だ」

ワイズの認知行動療法では何をするの?

ノートの左ページには今回の場合、
「朝礼でうまく話せず不安、どう思われているか不安」
とその時の感情を書きます。
右ページには
「話下手と思われて、だめな人と思われるんじゃないか」
などという感情や考えの仕組みを日々出てきたものを書いていきます。

その癖をカウンセリングで「なぜそう考えるのか?」分析します。
それによって、この考え方に意味があるのか?など問いかけていき、脳に教え込んでいきます。
日々似たようなことで悩んでいることにも気づけます。

どんな風に改善が見られるの?考え方が変わるの?

これがまずは性格改善の分岐点で「書くほど困らない事が増えている」ということになります。
つまり、知らず知らず楽になっています

5人に1人の方は1度で、大抵の場合、2回程度(1ヶ月)で改善が実感できることが多いです。
なお、年齢性別は関係なく、受けることができ、当ルームの統計でも性格改善の速度と因果関係は見られません。
年齢を重ねた分考えが定着していて理屈上変えにくいですが、新しい考え方を取り入れる速度の個人差があり、このような結果になっていると考えています。

どんな人が受けるといいの?

上記のお話で自覚症状がある方、よく周りの友達や家族から「どうしてそんなふうに考えるの?」と聞かれがちな方が主な対象です。
せっかちな方、すぐに成果を求める方は「今までずっと染み付いた考え方は簡単に変えにくい」と考えないと改善が難しいので、まずその考え方ができるようになった時点で開始できます。
性格の悩みなので毎日苦しいと思います、できるだけ早く改善できるほうが良い悩みですが、順番に行うことが大切です。
また、拒食症(過食症)、人、モノなどへの恐怖症のように精神的なものが原因になる場合、この方法は有効です。

下記を参考にしてください。

考え方のパターン考え方の詳細
全か無かの思考 ゼロか100かの考え方。
白か黒かのどちらかで考え、灰色として柔軟に考えることができない。
少しでもミスがあれば、完全な失敗と考えてしまう。
例:90点しか取れなかった、ダメだ・・・
一般化のし過ぎ 「どうせ〜」「みんな○○って思ってるんだろうな」と考えてしまう。
たった一つの良くない出来事があると、世の中全てこれだ、と考える。
一つの良くない例にこだわり、理由もない中でもくよくよ考え、現実を冷静に見ることができない。
例:自分のことを笑ってる、どうせ私なんてかわいくないし・・・
マイナス思考 「○○だけど、でも・・・」と考えてしまう。
良い出来事があっても目を向けず、悪く考え、最悪の予想を立ててしまう。
事態は悪くなるに決まってると考え、自分の失敗を過大に考える。
例:今日のデート、楽しいって言ってくれたけど、本当かな・・・
論理の飛躍 「~に違いない」「~に決まっている」「~できっこない」と考えてしまう。
人の心の読み間違い。黒でも灰色でもない、
根拠もないのに悲観的な結論をいつも予測したり、過大評価や、拡大解釈をすることもある。
例:LINEの返事が来ない。嫌いになったんだろうな・・・
感情的決めつけ「私のせいでそうなったんだ」と考えてしまう。
憂鬱な感情を全ての判断に持ち込んでしまう。
自意識過剰で、良くないことは自分に責任がなくても、自分のせいにしてしまう。
例:今日は上司が怒っている、私が悪いことしたんだろうな・・・
べき思考 「・・・すべき」、「当然・・・」と考えてしまう。
自分がやらなければならないと考え、罪の意識を持ちやすい。
他人に対しては、怒りや攻撃の気持ちを持ちやすい。
例:部下のミス、自分の責任だ。自分が何とかしないと・・・

認知行動療法では、このような考え方や捉え方の歪みを修正していきます。


料金

平日  9:00〜16:30   :15,000円/50分
税込、土日祝・16:30以降は1,000円割増
対面・電話いずれも対応しています。
通う目安は、2〜5回になります。ほとんどの方が3回以内で改善することができています。
根深いもので回数が必要な場合、判明した時点できちんと理由を説明させていただくようにしていますので、ご安心ください。