カウンセリングは 特別なことではありません

カウンセリングって何ですか?

カウンセリングというとどういうイメージをお持ちでしょうか。

「精神科に通っている人が来るところ」

「うつ病の人が来るところ」

「なんだか胡散臭い」

こういうイメージをお持ちの方も多いと思いますが、カウンセリングは特別なものではありません。

本場のアメリカではもっと気軽に困ったことを相談する場所としてコンビニエンスストアのように身近にあります。
医療費が高額だから風邪などのちょっとした病気はまず医者ではなく薬局に行きます。
そして、カウンセリングを予防として精神疾患にならないように、ストレスを抱えないように通うというのが日常です。
日本だと身体が疲れたらマッサージに行くのと似ていますね。

大阪ワイズカウンセリング(梅田・難波)は疾患を抱える方だけでなく、日常で不安、不満を抱えられている方が駆け込み寺として利用できるルームにしています。
そして、専門を明確にし、対応する数少ないカウンセリングルームです。
何でもやりますという趣旨ではないから恋愛、仕事、人間関係、性格改善での相談事例も豊富なため、適切な改善を行っていけます。

また、

があり、心理のプロから論理的に理解しながら学ぶことができます。

あなたの悩みを解消する第一歩を

160_F_73023934_hBYXNuJvjx5uun5CkaSsws7RDDtgQy9x人から見て小さいことでも自分にとっては大きい悩みも多いものです、そんな悩みをしがらみのない第三者、そして、専門家に一度相談してみると見えてくることがあります。

例えば、職場の人間関係では、職場にいる以上変えられないことも多いです。
変えることができる現実、変えられない現実、世の中には2つしかありませんが、変えることができる小さなことをまずはやっていきましょう。

友達への相談、占い、精神科と何が違うの?

よくいただく質問です。
実際、どんなところが、何が違うのでしょうか?

友達への相談長所基本的にはお金がかからない(短所も参考)
気軽に相談できる
よく知っているから安心
短所遠慮して話せないことが多い
いい加減な助言で終わる、あるいは感情論での話になる
情報が他の人(特に友人)に伝わる可能性がある
話すのは無料でもお礼に食事代などを支払うこともある
占い長所気軽に行くことができる
気分がすっきりする
短所その場しのぎで解決に至らない
論理的ではないのに信じ込んでしまう
悪い話を気にして傷つくことがある
心療内科長所投薬治療ができる
保険が適用される
個人情報が保護されている
短所短時間での診療のため誤診もある
話を聞いてもらう時間をとってもらえない
予約制でも1時間以上待たされることがある
投薬中心で病気になった根本的な理由が分からない
カウンセリング長所時間をかけて話をし、原因を探り、抜本解決が可能
論理的に根拠ある助言を受けることができる
個人情報が保護されている
短所マッサージ代程度のお金がかかる
どんなことをするかイメージがつきにくい
自分で蓋をしているものに向き合う必要があるときもある

カウンセリングだけが実は深くじっくり相談が出来る場所になっています。
うまく話せなくてもカウンセラーが丁寧に整理したり、答えやすいようにお話していきます、ご安心ください。
固定観念を持たず、気軽にカウンセラーに会いに来てください。(電話カウンセリングも可能です)