blog-top

ブログ

side-btn side-btn
side-btn side-btn

嗅覚、聴覚が敏感、やけに気にしすぎる〜実はHSPかも〜

大阪・梅田ワイズカウンセリング 人間関係・恋愛・HSP専門カウンセラーの林 多佳子です。
これらにピンとくる方は、ぜひご一読ください。

・やけに物音、匂いや音に敏感
・いくつもの話が同時に聞こえてきてしんどい
・なぜかわからないけれど顔色を過剰に伺ってしまう
・すごく繊細で傷つきやすい

上の4つに当てはまる方はHSPかも

HSP(Highly Sensitive Person)とは…
(ハイリー・センシティブ・パーソン)

~傷つきやすい自分であることを知る~

幼い頃から、自分は他の人と違うのでは…と不安でよくわからなくて、ずっと自信を持てずに生きてきたあなた…
周囲の変化、他の人の些細な表情の変化にも気づき、音や光、匂いに敏感
また、落ち込みやすく、罪悪感を感じることも多いのではないでしょうか?

そんなとても敏感なあなたはHSP(Highly Sensitive Person)かもしれません。
生まれつき感度が高い人のことです。
性格や考え方の悩みと誤解しがちですが、それとは異なります。
病気では有りませんので安心してくださいね。

※HSPは当ルームにお越しの相談者の方で、ワイズが独自に改良した認知行動療法を用いた方法(リンクは参考でこれをベースに改良した方法)で実際に軽減できた例もあります。

5人に1人と言われている感受性が豊かで敏感な HSP

カウンセリングにお越しの方でもHSPに関しては自覚症状がない方ばかりで、カウンセリングをしていく中で見つかるケースもあります。
知ると「なるほど!」と思うこともあり、自分で今後どういう風に向き合えば良いかもわかってきます。

「何がおかしいかわからない」と数十年悩んでいた方が、理屈と対処法を知ることで「本当に今までの苦しさが一気になくなりました」と、たった1回のカウンセリングで喜びの声をいただくこともありました。
まずは自覚すること、そして状態と対処法を知ることで、心理面から楽になることがコツです。

HSPの人が生きづらさを感じる理由は、自分が刺激に敏感であることを自覚しておらず、悪いところばかりに目を向けて悩んでしまうことです。
自分はおかしいと思って、本音を隠して生きてきたのではないでしょうか。
繊細で優しく、奥ゆかしいHSPの人は、他者を重んじて自分のことを言わないという選択をしてしまいがちです。

HSPの症状以外にも出る悩み事

例えば、HSPの人は恋愛においても悩みを抱えています。

・恋人に合わせすぎたり依存しすぎてしまう
・相手との距離感がわからなくなる
・すぐ人を好きになってしまう

など、敏感がゆえに相手を優先してしまい、無理をしてしまうのです。

自分は相手を優先させてしまうために、同調したり依存しやすいということを知っておきましょう。
そして、これまでより少し意図的に会う回数や連絡の頻度などを調節してみましょう。

自分が苦しくなってしまっては意味がありません。
相手も大切ですが自分のことも大切にしてくださいね。
「おかしい」ではなく、「人一倍繊細で感受性が高い」という自分を理解をすることが重要です。

HSPの一番のお薬は自覚と周りの理解
自分で頑張って変えようとしなくてもOK

HSPは病気でもおかしいものでもなく、人一倍繊細で感受性が高いという特徴が出ているだけです。
潔癖症も同じような苦しみで人一倍繊細とも言えますし、理解されにくい症状です。
「なんでこんなに気になるんだろう?」と思いながらもそのままになっている方が多いです。

まず、気にすることよりもこの状態を認めること。そして完全回復ではなくお付き合いしていくものという理解も大切です。
「治そう」という考えから、「楽になる方法はないかな?」と考える形です。
例えば、家族や友人など信頼できる人、同僚など自身と多く関わる人に知ってもらうことで、一気に気持ちが楽になります。
HSPの症状を、理屈ではなく「こういうものだ」と、このブログやHSPについて書いているサイトなどを見てもらい、「そんなものがあるんだね」くらいの理解をしてもらうことでも改善に繋がると言えます。

普段関わる人たちが少しでも理解してくれていれば、気遣いしてくれますよね。
例えば、飲み会でもうるさくない所、禁煙の所にするなどの配慮をしてくれるかもしれません。
その気配りを面倒と思う人なら本来関わらなくて良い人ですし、そういう人だと分かるのも決して人生において悪いことではありません。
今までなら無理をして苦しかったと思いますが、周りに理解してもらい配慮してもらうことでも実質改善と言えます。

そして、周りからの理解の次は、理解者と気持ちを共有することも大切です。
安心できる場所で、同じHSPで悩む人同士のあるあるを話してみる、上手くいった例を共有してみるなどで気持ちを楽にすることもできますね。
大阪ワイズカウンセリング(梅田・難波)では、HSPの方が交流できる機会を作る予定です。
自分だけではない、同じように思っている人がいるということを知ってください。
そして、ありのままの自分を受け入れ、生きづらさを緩めていきましょう。