大阪ワイズカウンセリング(梅田・難波)の自信喪失の悩み、依存症、ビジネススキルの専門カウンセラー、代表の松原です。

実はまだまだ対応できるのですが、専門知識だけでなく、論理がベースになっているので、ほぼ全てのお悩みを担当させていただいています。

その説明はさておき、今回は心理カウンセリングと占いの違いについて書きますね。

私自身、昔は母の影響で時々通っていましたので、否定的ではありません。(今思えば占いへの依存でした)

とはいえ、残念ながら、現実は占いで変えるのは難しいのも事実で、今回は自分の人生の変え方なども含めて書きますね。

目次

占いのメリット・デメリット

占いは占星術、手相、顔相など色々なものをベースにしています。
細かい分類はさておき、自身の経験も元にしたメリット・デメリットを書きます。

自分と向き合わず話を気軽にできる
お店の数が多く、予約もしやすい
短時間で済ませられて、友達同士でも気軽に行ける

依存しやすい(松原もありました・・・)
悪いものを根拠も曖昧な中で、信じやすい
行くことでより不安になってしまう
現実は変わらない

概ね、こうしたメリット・デメリットがあります。

占いは現状よりも未来の話が多くあります。

未来を良くするために必要なこと=行動を変えることです。

弱っているときほど行動する気力がなく、できる限り楽な方法を考えます。

しかし、残念ながら、ダイエットと同じで願っていても痩せません。

・食事を変えて、脂肪を蓄積させないようにする
・筋力を付けるために運動する
など行動が必要です。

悩み解決の方法

何事も同じですが、
・1人で抱え込む
・正しい方法で行動できていない
状態では今の状態は継続します。

勉強でもスポーツでも練習するから上達するのではなく、正しい方法で練習するから上達しますね。

悩みも同じです。

1.正しく、背景や状況を理解

まず、抱え込んでいるときに多いのが物事をクリアにできていない状態です。

曖昧なものには曖昧な事ばかり考えて時間が経過してしまいます。

また、曖昧なものほど整理できていないため、どう行動していいか分からないまま放置状態になります。

これによって、時間経過とともに少しずつ悪化することも多くあります。

カウンセリングではお話を伺いながら、丁寧に原因、背景なども整理します。

2.できそうなこと・できなさそうなことを整理

できなさそうなこと・できないことほど考え込みやすいです。

まず、何ができるかを整理しましょう。

例:相手が自分のことをどう思っているかわからない

できそうなこと=相手に聞く、友人経由で聞く、気にしても仕方ないと考えてみる
あたりだと思います。

これを読んで、「いや、わかってるけどできないんだよ」となったかもしれませんが、実は論理的にはできることばかりです。

ただ、「聞くのが怖い」、「考えてしまう」など実は、ご自身の考えなど内面の課題が邪魔しています。

カウンセリングでは必要なもの、不要なものをきちんと整理します。

整理できていない状態はいわゆる夏服、冬服が一緒に入っている状態です。
夏に冬服は着ないですよね。

3.課題に対して行動

できそうなこと・できることを1つずつ行動していきます。

相手に聞けないなら、聞けないと決めるのではなく、「どういう聞き方だとやりやすいだろうか」などです。

カウンセリングでは考え方だけでなく、行動の仕方も変えることを重視しています。

実は考え方だけに思われがちですが、行動の仕方こそが人生の充実、ストレス解消、自信喪失、ネガティブ思考解決の鍵です。

カウンセリングでは心理的な抵抗を減らし、行動できることを明確にします。

また、一人でなかなか物事に向き合えない場合も、すべきことを明確にし、宿題のようにこなすことで「マシな状態」を目指します。

マシな状態を積み重ねることで、いい状態にしていくことができ、さらに、考えや行動の仕方も身につけていけます。

占いの最大のリスク

占いは
「これでいいんだ」
「やっぱり無理なんだな」
と納得させる手段です。

全く八方塞がりの状況であれば、この方法は有効です。
あとは、諦めるという感覚で気分が楽になる場合はそれでもいいと思います。

ただ、悪く言えば、自分を変えるチャンスを逃しているとも言えます。

これが最大のリスクです。

考えと行動を変えることでしか、今と未来を変えられません。

・人間関係で悩んでいるなら、相性
・結婚や恋愛でも相性
・仕事が合わないなら相性

相性という言葉で片付けていくことができるかというと残念ながら難しいです。

・苦手な人がいる
・結婚しようとしている相手の性格面が気になる
・仕事がうまくできない

向き合ってみて無理な場合は仕方有りませんが、できることをやってからでも遅くありません。・

相性という言葉は便利ですが、「納得させて終わり」という自分以外の責任にしてしまうことで、実は自覚しないまま性格も悪くなっている可能性もあります。

いわゆる、周りから好かれないということです。
「言っても仕方ないしな」と思われてしまうと、周りが距離を置いてしまうこともあります。

そうなる前に、一度だけで十分気付きを得ていけるカウンセリング、ぜひ一度体感して下さい。


お問合わせ

不安なこと、わからないことはLINEからお気軽にご相談ください。(お電話では受付していません。)

内容を拝見し、それぞれの担当カウンセラーが応答させて頂きます。

また、ご登録でお得な情報入手、カウンセリングを受けるメリットなども解説しています。

友だち追加

ID: @qpw6488w

営業時間:9:00〜21:00
最終受付(お問合せは24時間可能です)

松原 吉宏(まつばら よしひろ) 心理カウンセラー

専門:自信喪失、依存症、婚活、適職相談、ビジネススキルなど

どん底の気持ちで自信なく、毎日を過ごすのは大変です。また、依存は理解されず相談が難しいと思います。自信と依存は深い関係にあります。まず、苦しい毎日を送らない、自分や他人を傷つけないようにしていけるといいですね。数回で改善できるものも多いです。適職、ビジネススキルはワイズ就活塾の塾長として社会人の指導経験も豊富です。不安もあると思いますので、まずはお問い合わせくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次